就職活動と資格

資格は就職活動に役立つのか

資格取得が就職活動に有効か」に対する答えは、
何を持って「有効」とするかにより異なります。

 

「その資格を持っていれば、内定をもらえる」ことを「有効」とするなら、就職活動に有効な資格はありません。

 

資格として最難関の司法試験でさえ、合格しても弁護士として就職するのは簡単ではないからです。

 

逆に「資格を持っていることが、内定獲得に有利に働く」ことを「有効」とするなら、資格取得は就職活動に有効です。

 

続きはこちら


就職に有利な資格

就職に有利な資格といっても、持っているだけで内定がもらえるような資格はありません。ただ、持っていることで書類選考や面接で合格しやすくなる資格はあります。

 

「合格しやすくなる」程度だからといってバカにはできません。
競争率が高い就職難の時代には、ちょっとしたことで合格不合格が決まってしまうものです。

 

続きはこちら


就職後も役に立つ資格

就職活動中に資格を取得しておくことには内定獲得以外のメリットもあります。それは、就職後に役立つ知識を身につけておくことが出来るということです。

 

すべての会社で入社後に十分な基礎研修があるとは限りません。むしろ、研修もないまま、いきなり現場に出ることのほうが多かったりします。

 

続きはこちら


就活生が資格の勉強をするメリット

就職活動のために始めた資格の勉強が
「人生のきっかけ」となることがあります。

 

資格の勉強は、大学での勉強とは異なり、実社会に根ざしたものです。それだけに、大学の勉強では感じなかった思いを得ることも多いものです。

 

続きはこちら


就活での資格取得の意外な落とし穴

就活生が資格を取得しておくことは一般的には就職活動に有利です。

 

もちろん、資格を持っていれば、自動的に内定がもらえるということはありませんが、書類選考や面接において、プラス評価されます。就職難で競争率が高い場合は、こうしたちょっとしたことでも差がつきます。

 

ただし、資格を保有していることがマイナス評価される場合もあります。

 

続きはこちら


広告