就職に有利な資格

ポイントは難易度よりも知名度

 

就職に有利な資格といっても、持っているだけで内定がもらえるような資格はありません。ただ、持っていることで書類選考や面接で合格しやすくなる資格はあります。

 

「合格しやすくなる」程度だからといってバカにはできません。
競争率が高い就職難の時代には、ちょっとしたことで合格不合格が決まってしまうものです。

 

この「ちょっとしたこと」として資格取得には十分にメリットがあります。

 

そうした意味で、書類選考や面接で合格しやすくなる資格には、
難易度よりも知名度が重要です。

 

面接官が知らない資格では、どんな難易度が高いものでも、意味がありません
面接官は何人も面接するので、どのような資格かをいちいち調べてはいられません。

 

もちろん、「どんな資格ですか」と面接官から聞かれることはあると思いますが、
「簡単な資格で誰でも取れます」と答える人はいないので、面接官としては、それが本当に価値のある資格なのか判断のしようがありません。

 

この点で、知名度のある資格であれば、こうした心配が要りません。


業界人必須の資格を狙う

業界ごとに定番の資格と言うものがあります。

 

例えば、不動産業界での「宅建」や、
旅行業界での「旅行業務取扱管理者」です。

 

こうした資格は、知名度の点で問題ありません。

 

また、保有していることで、その業界にかける意気込みを伝えることが出来ます。(もちろん、資格を持っていなくても意気込みを伝えることは出来ますが、説得力が異なります。)

 

特に「…という経験があったので、この業界に憧れていて、そのために資格も取得しました」と面接で言えれば、極めて好印象です。言葉と実行が伴っています。

 

ただし、こうした資格は、それなりの難易度ですので、しっかりと勉強する必要があります。
志望業界が決まっているのであれば、ぜひ、狙ってみてください。


広告