就活生向きの資格(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーとは

  • 顧客の人生設計をお金の面から支援する資格
  • 金融業不動産業で取得を推奨されることが多い
  • 国家資格(FP技能士)と民間資格の2種類が存在する
  • 民間資格は基礎レベルのAFPと国際資格で上級レベルのCFPが存在する
  • 年3回(1月、5月、9月)に全国主要都市で実施されている

就活生がファイナンシャルプランナーを取得するメリット

金融、不動産など幅広い業界から評価される

  • 生保住宅メーカーなど資格に関連する業界が多い
  • 営業部門だけでなく他の部門でも基礎知識として評価される

独立への道も考えられる

  • 資格をもとに社内で実務経験を積み、独立することも可能
  • 独立を含めて将来の幅が広がる

就活生へのおすすめポイント

ファイナンシャルプランナー(FP)は、知名度のある資格です。
テレビCMや雑誌広告などで、目や耳にしていることが多いのではないでしょうか。

 

「お金」にまつわることは数多く存在します。

  • 税金
  • 住宅ローン
  • 老後の資産

など。

 

このため、金融機関だけでなく、不動産業など多くの業界で必要とされています。
実際に、FPの資格取得を社員に推奨している会社も多くなっています。

 

就職活動で有利な資格は、難易度よりも知名度です。

 

その点で、知名度のあるファイナンシャルプランナーは有利です。

 

また、多くの業界に関連する資格ですので、
業界一つに絞らずに就職活動を行っている就活生にとっては、
「割のイイ」資格ともいえます。

 

試験は実務経験がなくても、しっかり勉強さえすれば合格できることもメリットです。

 

短期合格を目指す人向け


広告