就職活動と資格

資格マニアはマイナス評価

就活生が資格を取得しておくことは一般的には就職活動に有利です。

 

もちろん、資格を持っていれば、自動的に内定がもらえるということはありませんが、書類選考や面接において、プラス評価されます。就職難で競争率が高い場合は、こうしたちょっとしたことでも差がつきます。

 

ただし、資格を保有していることがマイナス評価される場合もあります。

 

それは、「資格マニア」と思われてしまうことです。
その業界とは関係のないような資格をいくつも持っていても評価されません。

 

資格取得は、単なる趣味と思われてしまいます。
効果があるのは、あくまで業務に関連する資格のみです。

 

場合によっては、入社しても現場での仕事より資格の勉強を優先するような
「ややこしい」人物なのではないかとマイナス評価されることもあります。


就活には適度な難易度の資格がベスト

また、「難しすぎる」資格も注意が必要です。

 

1級、2級といった難易度により分かれている資格があります。こうした資格の場合、大学生相応かちょっと上のレベルのものを取得することが大切です。

 

実務を経験した人が取得するような最上位の資格を取得してしまうと、良い印象を与えない場合があります。

「頭でっかちなヤツなのでは」
「こうゆうヤツに限って現場では使えない」

いずれも偏見ひがみですが、面接官がすべて清く正しい人とは限りません

 

また、面接官がそうした評価をする人だからと言って、
その会社の人すべてが同じ考えとは限りません。

 

あくまで内定をもらうには何が必要かを考えるべきです。
その点で、無用なアピールを避けることも必要です。


広告