就活生向きの資格

通関士とは

  • 税関への手続など輸出入に関わる業務を行える資格
  • 貿易業界での唯一の国家資格
  • 商社やメーカーなどで必要とされる資格
  • 受験資格に制限はなく、学生でも受験可能
  • 試験は年1回(10月上旬)実施される

就活生が通関士を取得するメリット

貿易関係の業界からの評価が高い

  • 商社やメーカーの貿易部門で必要とされる資格
  • 経済のグローバル化に伴い、物流会社などでも評価される

貿易に関する知識が身につく

  • 貿易についての基礎知識が身につく
  • 個人輸入を行う際に知識を活かすことができる

就活生へのおすすめポイント

資源が乏しい日本にとって、貿易は重要です。
特に、経済のグローバル化が進んだ今日では、貿易の重要性がますます高くなってきています。

 

貿易」の仕事は商社だけのものではありません

 

運送業物流業航空業(貨物部門)メーカーなど、その裾野が広がっています。

 

それだけ活躍の場があると考えられます。

 

その貿易業界での唯一の国家資格が「通関士」です。

 

一般的には、あまり知名度はありませんが、業界内では名の通った資格です。
財務省が管轄している国家資格であることから、資格への信頼性も高くなっています。

 

「貿易」と聞いても、具体的なイメージがつかない人が多いと思います。学校で習った知識としての「貿易」と、実際の「貿易業務」は異なります。「通関士」の試験勉強を通じて、その違いを学ぶことも出来ます。

 

「通関士」として働く気持ちはなくても、
貿易の仕事に興味があるなら、勉強してみる価値があります。

 

通関士の勉強方法

具体的なイメージがわきづらい通関士の勉強は書籍だけでなく講義形式のDVDなども活用するのが効率的。リンク先にあるサンプル動画なども参考にしてみてください。
ヒューマンの通信講座 『通関士』

広告