就活生におすすめの資格(簿記)

簿記とは

  • 経理事務のみならず会計知識や経営管理に関する資格
  • 複数の団体が検定を行っているが、「日商簿記」がメジャー
  • 1級から4級まで難易度により分かれており、3級の受験者が最も多い
  • 財務諸表など経営に関することも含まれるため、企画職で受ける人も多い
  • 試験は年に3回(2月,6月,11月,)行われ、何級からでも受験できる

就活生が簿記の資格を取得するメリット

経理職を目指す場合は、持っていないことがマイナスに

  • 業務経験のない新卒の場合は、他に差別化できる要素が少ない
  • 受験者が多く、合格率も低くないので、資格保有者が多い

 

数字に強いとのイメージがつく

  • ビジネスに大事な数字に強いというイメージがつく
  • 数字に関わる仕事への適性があると評価される

 

就活生へのおすすめポイント

簿記(日商簿記)の良いところは、知名度があることです。
昔からある資格のため、幅広い年代の人に知られています。

 

就職活動のために資格を取得する理由は、面接や書類選考で合格するためです。
そのためには、取得した資格が面接官に知られていないと、意味がありません

 

どんなに難しい資格であったとしても、知られていなければ効果がありません。
また、書類選考の段階では、資格の難しさをアピールすることすらできません。

 

その点、簿記(日商簿記)であれば、心配いりません。

 

「老舗の」資格とも言えるほど、昔から知られている資格です。

 

「老舗の」資格だけに、面接官にも保有している人や勉強した人が多くいます。面接官も、同じ資格を持つ人には、同じ勉強(苦労)をした「同志」としての気持ちが芽生えるものです。

 

ちょっとしたことですが、ちょっとしたことで差がつくのが面接です。
それほど難しくない資格だけに、取得することを検討してみる価値はあると思います。

 

短期合格を目指すならコレ


広告