日経テスト 就活生の資格

日経テストとは

  • 日本経済新聞社が主催している時事問題(主に経済)に関するテスト
  • 結果は1000点満点の「経済知力スコア」で評価される
  • 学生で受験する場合は、社会人を含めた平均の「550点」が目標の目安
  • 2008年に第1回が行われた比較的新しい資格
  • 年2回(6,10月)の全国一斉試験以外にも、テストセンターで受験できる

就活生が日経テストを取得するメリット

時事問題対策となる

  • 就職試験での時事問題対策となる
  • 面接時に時事問題を聞かれたときに役立つ

 

ビジネスマンとしての必要な知識が身につく

  • 社会人として必要な知識が身につく
  • ニュースに対する感度が強くなる

日経TEST対策書籍

増補版 論点解説・日経TEST 日経TEST 公式練習問題集

増補版 論点解説・日経TEST

日経TEST 公式練習問題集

  • 基本的にこのテキストで一通り勉強すれば、ある程度の得点を取ることができます。
  • 時事問題に詳しくても、問題形式が分からないと取りこぼすことがあるので、テストを受ける人は事前に目を通しておくことをオススメします。

就活生へのおすすめポイント

2008年に開始された比較的新しい試験ですが、
日本経済新聞社が主催していることもあって、注目度が上がってきている試験です。

 

主催者側も大学生(就活生)をターゲットとして考えているため、
大学生向けの企画(TRY550)などを充実させています。

 

また、それと同時に企業側にも日経TESTの有効性をアピールしていますので、
これから、ますます注目されてくると考えられます。

 

試験の内容は、「生きた経済」を対象としているため、実践的な問題が多いのが特徴です。

 

漠然と新聞を読むよりも、
試験という目標があることで、自然と知識が身につくこともメリットです。

 

試験も合格不合格という結果ではなく、スコアで評価されますので、前回よりも良いスコアを取るといったモチベーションも持ちやすくなっています。

 

知名度という点では、他の資格と比例すると劣りますが、
「日経」ブランドのテストですので、面接官にも「受け」は良いのが特徴です。

 

漠然と時事問題対策をするよりも効果がありますので、
テストが好きな人は受けてみてください。

 

広告