就活生の資格(旅行業務取扱管理者)

旅行業務取扱管理者とは

  • 旅行業務に関する唯一の国家資格
  • 営業所に必ず1人以上の資格保有者をおく必要があるため旅行業界からの需要が高い
  • 受験に実務経験の制限がないため学生でも受験が可能
  • 国内のみの「国内旅行業務取扱管理者」と海外も含む「総合旅行業務取扱管理者」の2種類がある
  • 試験は年に1回(国内旅行業務取扱管理者は9月、総合旅行業務取扱管理者は10月)実施される

就活生が旅行業務取扱管理者を取得するメリット

旅行業界から評価が高い

  • 営業所に必ず1人は置かなくてはいけないため、資格保有者を必要としている
  • 基礎的な知識を持っている「即戦力」と評価される

旅行業界への熱意が伝わる

  • 資格取得のための勉強をしたことが評価される
  • 単なる「憧れ」での旅行業界志望者とは差別化できる

おすすめポイント

旅行業界を目指すなら取っておいて損はない資格です。
内定を獲得するためには取っておいたほうが良い資格でもあります。

 

旅行業界は「憧れ」で志望する人が多いことが特徴です。
しかし、採用側はそうした人を最も嫌うものです。

 

「憧れ」だけでは、キツイ仕事を乗り越えられません。
ちょっと大変なことがあると辞めてしまうのではないかと考えてしまいます。

 

その点、資格を保有しているのであれば、憧れだけではないと判断されます。

 

資格を取得するために勉強したことから、努力もしている人物と評価されます。
また、試験に合格しているのですから、努力だけではなく能力もあると思われます。

 

面接での評価以外にもメリットはあります。

 

それは、入社前に基礎的な知識が自然と身につくことです。

 

入社してから基礎的なことを教えてくれるとは限りません。
自分で調べて、分からないことのみ先輩に聞くように指導されることがあります。

 

そうした点で、旅行業界で働きたいと思っているのであれば、勉強して損はない資格です。

広告