就活生向きの資格

医療事務管理士とは

  • 医療機関での事務スタッフとしてのスキルを証明する資格
  • 診療報酬明細書の作成など実務に沿った内容
  • 実務経験がなくても受験可能
  • 一生モノの資格として女性に人気
  • 試験は年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)実施される

就活生が医療事務管理士の資格を取得するメリット

医療機関への就職に有利

  • 病院スタッフなどとしてニーズが高い
  • 結婚、出産後の再就職時にも活用できる

医療業界自体が有望

  • 景気に左右されない業界
  • 高齢化によりニーズが高まる

就活生へのおすすめポイント

いわゆる「医療事務」の資格は、いろいろな団体が主催しています。ここで取り上げている「医療事務管理士」は、技能認定振興協会(JSMA) という歴史のある団体が主催しているもので、業界内でも評価の高くなっています。

 

医療機関での事務職は、一定のスキルが必要とされるため、手に職を付けたいと考える女性に人気です。特に結婚、出産後の再就職時にこの資格があると選択肢が広がることがメリットです。

 

医療業界は、景気に左右されない業界であり、今後は高齢化社会の進展によりニーズも高まってくることが予想され、有望な業界です。ただし、医師や看護師だけでなく、事務スタッフにも専門知識が必要とされるのが大きな特徴です。

 

専門知識が必要とされるということは、逆に言えばスキルを身につけることができる職種です。手に職をつけて長いあいだ働きたいと考えている人にとっては、もっとも身近な資格となっています。

 

広告