就活生向きの資格

行政書士とは

  • 依頼者に代わり様々な書類を作成することができる国家資格
  • 遺言など官公署に提出する書類以外のものも扱える
  • 企業内では法務部で勤務することが多い
  • 行政書士として独立も可能
  • 試験は年1回(11月第2日曜日)実施される

就活生が行政書士を取得するメリット

法務、総務部門からの評価が高い

  • 書類作成のプロとして評価される
  • 有資格者には資格手当が出る場合もある

将来的に独立も可能

  • 行政書士としての開業には実務経験が要件になっていない
  • 脱サラ後の独立資格として昔から人気がある

就活生へのおすすめポイント

行政書士は書類作成のプロと呼ばれています。

 

対象となる書類は、官公署に提出するものだけでなく、私人間の契約書なども含まれています。

 

今日では、トラブル防止の観点から、以前は口約束で済ませていたことも、書類を作成するようになってきました。
何か契約をするのに、何枚も書類を書かされた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

今後もこの傾向は続くと考えられ、書類作成のプロがあらゆる場面で必要とされてきます。

 

行政書士は、こうした幅広いニーズに応える資格です。
ただし、独立することを考えると、何らかの専門分野を持つことが必要です。

 

顧客の書類を作成するだけでなく、コンサルティング的な業務も求められます。
また、そうした付加価値を提供できないと、独立するのは難しいと言えます。

 

就活生であれば、資格を取得しておいて、企業で経験を積むということが可能です。
(行政書士試験は、一度合格すれば生涯有効です。)

 

もちろん、働きながら勉強することも可能ですが、
興味があれば早めに資料請求などで調べてみてはいかがでしょうか。

 

人気の行政書士勉強法


広告