就活生の資格(宅地建物取引主任者)

宅地建物取引主任者(宅建)とは

  • 不動産取引を行う際に必要とされる国家資格
  • 不動産業では事業所ごとに5人に1人は宅建主任者をおく必要がある
  • 「重要事項の説明」など資格保有者しか行えない業務がある
  • 最大規模の国家資格で知名度が高い
  • 試験は年1回(通常10月第3日曜日)実施される

就活生が通関士を取得するメリット

不動産業への就職に強い

  • 5人に1人は宅建主任者をおく必要がありニーズが高い
  • 資格保有者しか行えない業務がある

金融機関など他の業界でも評価される

  • 住宅ローンなどに関連し、金融機関での評価も高い
  • 資産運用のコンサルティングなどでも活用される

就活生へのおすすめポイント

不動産業界を目指しているなら、ぜひとも取得しておきたい資格です。

 

知名度がバツグンであり、多くの会社では資格保有者を求めています。

 

これは「事業所ごとに5人に1人」以上の割合で、
宅地建物取引主任者を置くことを義務付けられているためです。

 

このため、保有していない場合は、入社後に資格を取得するように勧められます。

 

仕事をしながら、勉強するのは、誰にとってもハードです。不動産業に就職しようと思っているなら、時間のある学生のうちに取得しておくほうが良いでしょう。

 

実務経験のない学生でも、しっかり勉強すれば、合格することは可能です。

 

また、資格保有者には手当がつくこともあるので、
その面でも早めに取得しておくメリットがあります。

 

さらに、「不動産取引」は不動産業者だけが関連しているのではありません。
住宅ローン、資産コンサルティングなどで金融機関でも評価されます。

 

オススメ宅建勉強法


広告