地方都市でも仕事がある女性向け資格の狙い目はコレ

地方都市でも仕事がある女性向け資格の狙い目は?

地方都市で資格を生かした仕事というとかなり限られてしまいます。

 

首都圏など都市部であればインテリアコーディネーターの資格を活かした仕事を見つけることも難しくありませんが、地方都市だとなかなかそうはいきません。

 

何かコネのようなものがあれば別ですが、そうでないと働き口がそもそも限られているため、資格を持っていても活かしようがないからです。

 

ただ、地方でも仕事がある狙い目の資格はあります。

 

ドラッグストア、薬局での仕事に有利な登録販売者

地方都市で増えているものと言えばドラッグストアです。
郊外型のかなり大きな店舗があちこちで出店されています。

 

高齢化が進んで薬に対する需要が増えているのと、地元の商店街が閉鎖してしまっていることなどが背景。なので、今後もこの動きは続くことが予想されます。

 

このドラッグストアや薬局などで一般用医薬品を販売するために必要な資格が「登録販売者」というもの。

 

薬剤師も同様の役割を持っていますが、なかなか薬剤師を集めることが出来ないという企業から重宝される資格です。

 

登録販売者を持っていれば、単なるパートとは違って資格手当を出してくれるところや時給が高くなるところがほとんど。全国各地に職場があるのもオススメできるポイントです。

 

地元に帰って、出産子育てをと考えている女子学生のあいだでは隠れた人気になっています。

 

詳細は下記からの資料請求でチェックしてみてください

通信講座ならキャリアカレッジ

トップページの「国家公的資格から探す」の中の「女性に人気の資格」にあります。

広告