体育会が就活で有利な業種や会社がどこか調べてみました

体育会が就活で有利な業種や会社は?

体育会だと就活に有利だというウワサがありますよね。確かに体育会出身であることが有利な会社や業界はあります。

 

ただし、すべての業界というわけではありません。

 

体育会であることなどまったく関係ない会社や、反対に体育会出身者に良い印象を持っていない会社、業種もあります。

 

就活にかけられる時間が一般学生よりも限られている場合は、こうしたことを事前に知っておいて就職活動をすることがコツです。

 

金融機関など組織がしっかりしている業種で有利

体育会であることが就活で有利なのは、よき組織人であることを求める会社や業種です。よき組織人というのは、何も単なるイエスマンという意味ではありません。

 

組織の決定に従うことが出来るもの。
組織の中で自分のパフォーマンスを出せるものがよき組織人です。

 

体育会出身者はこうした資質があると評価される傾向にあります。
これが就職活動での面接評価などで有利に働きます。

 

具体的な業種でいえば、金融機関など。組織としてきっちり仕事をすることが求められるので、体育会が好まれる傾向にあります。大手ほどその傾向が強いのも特徴。

 

体育会出身者があまり金融機関を受けないのこともあり、希少価値もあります。その意味では狙い目の業種でもあります。

 

新しい業種ではあまり好まれない

反対にIT系など新しい業種では体育会出身者はあまり好まれない傾向にあります。採用する人に文科系出身の人が多いのが理由のひとつ。

 

人物的な評価よりも、社風にあわないといった漠然とした理由で2次面接に進めないことも少なくありません(本人には知らされずにです)。

 

あくまで一般的な傾向ですので、すべてのIT系の会社で好まれないというわけではありませんが、確率的にあまりよくありません。

 

限られた時間の中での就活に大切なこと

もちろん、就活は最終的には有利不利ではなく自分の興味、やりたいことで決めることが最も大切です。ただし、時間が限られているのであれば戦略的に進めることも大切。

 

無駄走りのような就活は意味がありません。
しっかりプランを練って進めることが大切です。

 

具体的な方法がわからない場合は、下記が参考になります。
登録(無料)して、チェックしてみてください。

 

体育会学生だけが使える就活情報サイト
アスリート就職ナビ2017

広告