就活で差別化できるプログラミングスキル

就活で差別化できるプログラミングスキルを身につける方法

 

プログラミングスキルが企業に評価されるのは間違いありません。
IT業界以外でもITを活用してビジネスを行うことが必須になってくるからです。

 

ただし、だからといって就活の面接で「学生時代にプログラミングの勉強をしてました」といっても面接官には響きません。同じようなことを言う学生がたくさんいるからです。

 

プログラミングの勉強をしていること自体がめずらしい時代ならアピールポイントになったかもしれませんが、今は違います。誰でも簡単にプログラミングの勉強ができてしまうのです。

 

それだけに、プログラミングで差別化するハードルが高くなっています。

 

就活での差別化をプログラミングスキルで図るメリット

ハードルは高くなっていますが、プログラミングスキルで他の応募者と差別化ができれば、大きなメリットがあることは間違いありません。

 

例えば、サイバーエージェントなどの大手IT企業ではスキルチェックにパスすれば、書類選考や1次面接が免除され、2次面接に進める制度があったりします。

 

書類選考や1次面接は運に左右される面もあります。
限られた時間で選考すると、実力があっても落ちてしまうことがあるのです。

 

こうしたことがないのは心理面でもプラスです。
絶対に行けると思ったのに、1次で落ちるとモチベーションも下がるものです。

 

就活で差別化できるプログラミングスキルを身につけるには

ただ、こうしたメリットを享受できるスキルを身につけるのはカンタンではありません。
自分でスマホアプリを開発したといった程度では不十分。

 

客観的に評価されるスキルを身につけなければなりません。
独学での勉強では、どうしても偏りがでてしまいます。

 

自分ではスゴイことと思っていても、実はたいしたことじゃないなんてことはよくあります。
客観的に評価されるためには、どんなスキルを身につければ良いのか?

 

学生専用のプログラミングスクールの授業内容が参考になります。
プログラミングでライバルに差をつけろ!【クリプテックアカデミア】

 

広告