観光業界、旅行業界向けの就職活動に役立つオススメ資格

観光業界、旅行業界志望者向け就活に役立つ資格

観光業界旅行業界への就職を志望している就活生向きに就活に役立つ資格をまとめました。

 

観光・旅行業界は人気が高いのですが、憧れだけで志望している学生も多いので、しっかりとした資格を持っていると他の志望者より有利になります。

 

資格を持っているだけで、好きな会社に就職が決まるというわけではありませんが、就活での大きなアドバンテージにはなります。

 

定番の旅行業務取扱管理者

観光業界、旅行業界を目指す人なら誰でも知っている資格が旅行業務取扱管理者です。

 

旅行業に関する唯一の国家資格で、営業所には1人以上の資格保有者をおくことが義務付けられているため旅行業界からの需要が高いことが特徴です。

 

また、実務経験がない学生でも取得することが可能なため、すでに保有して就職活動を行っている人もいます。

 

決して簡単な資格ではありませんが、それだけに保有していれば、採用面接官などに対して観光業・旅行業に対する熱意が伝わります。

 

国内のみの「国内旅行業務取扱管理者」でも価値あり

旅行業務取扱管理者には、国内のみの「国内旅行業務取扱管理者」と海外も含む「総合旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

 

海外も含まれている「総合旅行業務取扱管理者」のほうが評価が高いのですが、「国内」だけでも就活では有利に働きます。

 

今後は、シニア層の豪華国内ツアーや外国人観光旅行者向けのツアーがますます増えていくことが予想されるので、国内旅行へのニーズも高まってきます。

 

このため、「国内旅行業務取扱管理者」の価値も上がっているというわけです。

 

差をつけるならITパスポート

「旅行業務取扱管理者」以外の資格では「ITパスポート」が狙い目です。

 

ITパスポート」というのは、IT技術者向けの試験ではなく、IT(システム)を活用する側の試験という位置づけのものです。

 

観光業界、旅行業界にとってシステム(オンラインでの予約など)は必要不可欠なもので、今後も他社と差をつけるために注力していくことが避けられません。

 

しかし、いまだに業務の一部をFAXで行っているなどシステム化が遅れている面もあるのが観光業界です。このため、システムに詳しい人材が求められています。

 

システムに詳しいと言っても、プログラマといった技術者ではなく、どのようなシステムが必要かを見極めることが出来る人です。こうした知識が問われるのがITパスポートです。

 

試験内容も「旅行業務取扱管理者」より簡単ですので、狙い目といえます。

広告