プチ整形より手軽な就活面接を有利にする方法(女子限定)を紹介

プチ整形より手軽な就活面接を有利にする方法(女子限定)

就活のために「まぶたを二重にする」といったプチ整形をすべきか悩んでる人もいるのではないでしょうか。見た目が重視される業界志望の人は特にそうですよね。

 

わずか数分の面接で好印象を残すには見た目は重要です。
書類選考の写真の段階ですら手を抜くことはできません。

 

ただ、プチといってもメスを入れる「整形」には抵抗がある人も多いですよね。
そこで、女子限定ですが、プチ整形よりも手軽な方法を紹介したいと思います。

 

女性らしさをアピールする武器とは

男女平等というタテマエはありますが、面接官に男性が多い以上、女性らしさをアピールすることは決してマイナスではありません。あきらかにプラスです。

 

仕事の評価にまでそうした面が及ぶのは問題がありますが、仕事の評価と就活の面接の評価は別です。わずかな時間の面接でできる評価には限界があります。

 

もちろん、能力面の評価が一番重視されますが、新卒者である以上、そこに大きな差はつきません。少しの差の中に大勢の候補者がいるという感じです。

 

その中で、差をつけることができるのが見た目
女性として魅力的な人のほうが高評価になってしまうものです。

 

だから、プチ整形ということになるのですが、女性の場合は顔以外にもアピールできるところがあります。バストです。

 

面接でセクハラをされることはありませんが、バストの大きさというのは男性面接官なら目に入ってしまうものです。ほどよい大きさがあったほうが高評価につながります。

 

そこで、手っ取り早くバストアップできるブラがあります。
空気を入れてブラをふくらませるというもの。

 

新卒の面接で水着審査なんてあるわけないですよね(笑)。
これで十分です。

 

スタイルが良くなったようで、面接のときに自分に自信が持てるという心理的なメリットもあります。プチ整形よりもカンタンなので、ぜひチェックしてみてください。

 

TPOに合わせて、バストのボリューム、高さ、形を自由自在にコントロールできるレディエア ブラジャー

広告