就活の服装でクールビズはどこまでOKなのかを調査

就活の服装がクールビズでも良いケース

就活の服装はスーツ(上着着用)にネクタイが必須と言われてきましたが、あまりにも猛暑が続いていることで、その傾向も変わってきています。

 

会社説明会などの告知にも「クールビズスタイルでお越しください」といった表記も目立ちます。ただ、これどこまで信じてよいのか微妙ですよね。

 

一生を決めることだけに「スーツとネクタイでガマン」という気持ちも分かりますが、ガマンできないほどの暑さですし、熱中症になってしまっては意味がありません。

 

就活のクールビズはどこまで許されるのか?について調べてみました。

 

業界によってクールビスの許容度が違う

採用担当者のインタビューなど学生向けに話している内容を調べると、業界によりクールビスへの許容度が違うようです。

 

やはり、銀行などお堅い業界では「暑い中にスーツ、ネクタイで来ることに意味がある」といった昔ながらの意見が主流です。

 

逆に平均年齢が若いような会社IT系アパレル関係はクールビズスタイルに寛容。「見た目ではなく中身重視。うちは実力主義の会社ですから」との意見が多いです。

 

クールビスでも清潔感は大事

気をつけなければならないのは、クールビズ=だらしない格好でもOKではありません。クールビズだからこそ、清潔感のある服装が求められます。

 

シャツが汗ジミだらけ、ワキ汗もシミになっているというのでは、やはりいい印象は持たれません。いくら中身勝負といっても、最低限のラインはあるからです。

 

  • 汗かきであれば着替えを持っていく。
  • インナーに吸収性の高いものをつける。
  • 汗ジミが目立たないシャツにする。

「クールビズスタイルでお越しください」といったときにもこうしたことに気をつけましょう。

 

就活向けおすすめスタイル

広告